乳房の痛み・はれ・はり・硬い・チクチクする

診察クリニック » 京都駅前 婦人科 まりこクリニック

乳房の痛みや腫れなどの症状は女性ホルモンバランスで乳腺が刺激を受けている可能性があり、30歳代後半から閉経前後の女性によくみられます。
乳がんと区別しにくいものもあります。

乳房の痛み・はれ・はり・硬い・チクチクする

乳房のしこり・へこみ・ひきつれ で心配な病気

乳腺症

30~50歳代に好発し、閉経後には自然に緩和される傾向にありますが、乳がんの発生率の高い年齢に一致するので、乳がんと区別しにくいものもあります。
痛みを伴うことが多く、月経前に症状が強くなるのが特徴です。まれに透明・白濁色の分泌物もみられます。
乳がんと乳腺症を識別することは難しいので、必ず超音波検査やマンモグラフィー検査で確認が必要となります。

乳腺炎

乳腺が炎症を起こした状態です。授乳期に乳頭からの細菌の侵入によって起こることが多いです。乳房の発赤や発熱を伴う化膿性乳腺炎と、無菌性乳汁うっ滞による乳腺炎があります。
化膿性乳腺炎の場合は、抗生剤などで治療を行います。無菌性乳汁うっ滞の場合は、 一般的には産科等で、助産師が搾乳やマッサージを行い、乳汁のたまりをなくしていきます。膿みがたまってしまうと、状況次第では外科的処置(切開排膿)が必要となる場合もあります。

乳がん検診について

当院では3Dマンモグラフィー検診と、乳腺エコー検診(乳腺超音波検査)もしております。
何か気になる症状がある場合や少しでも違和感を感じる場合は躊躇わず受診することをお勧めします。また、自覚症状がない場合でも定期的に検診を受けていただく事をお勧めいたします。

40歳以上の方は3Dマンモグラフィー検診を、20〜30代の方に関しては乳腺の発達している乳腺密度が高い方が多く、X線の特性上しこりが見つけにくいことがあるため乳腺エコー検診をお勧めいたします。
マンモグラフィー、乳腺エコー検診それぞれ得意な病変と不得意な病変があるため両方の検査を受診していただく事により、乳がんの発見率が高くなります。

乳腺超音波とマンモグラフィー

ご予約について

自覚症状のある方・乳腺超音波検診をご希望の場合

自覚症状のある方または乳腺超音検査をご希望の方は、お電話もしくはWEBでの予約が可能です。

・WEBでのご予約は「乳腺科女医」という予約枠で予約してください。
※異なる予約枠に予約された場合は来院されても診察ができませんのでご注意ください。

・お電話でのご予約は「京都駅前 婦人科まりこクリニック」TEL.075-574-7681 までごお電話ください。

マンモグラフィーをご希望の場合

「3Dマンモグラフィー」という予約枠で予約してください。

※当クリニックでは、各市町村の「がん検診クーポン」はご利用いただけません

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

乳房の痛み・はれ・はり・硬い・チクチクする Q & A

2人目出産後もうすぐ4カ月です。2週間前くらいから左脇が少し痛いです。副乳か乳腺炎か乳がんか気になり始めてます。ちなみに完全母乳育児中です。

こちら赤ちゃん連れで受診できますでしょうか?

モモ2019年2月11日

    Re.

    母乳育児中であり、乳腺炎になりかけている場合が多いです
    当院では乳腺マッサージなどは対応しておりませんのでまずは出産した産院の母乳外来や、お近くの母乳外来をされている助産院などでご相談ください
    そこで、乳腺外科受診をすすめられる場合、症状があまりひどくなるようでしたら乳腺外科を受診いただくことをお勧めします

    まりこクリニックより2019年2月12日

乳房の痛み・はれ・はり・硬い・チクチクする ご質問はこちらから

*は必須項目です。

乳房の痛み・はれ・はり・硬い・チクチクする クリニックへ質問する